ツイートする
シェアする

Office スタイル カタログ

ダイエット
管理表

Excel

Excel を使用して、毎日の体重を記録しませんか?
毎日の変化を記録することで体調管理を意識するようになり、
ダイエットへの意識が高まるといわれています。
このダイエット管理表では、朝晩の体重の変化を記録するだけで、目標体重までの数値や、
現在の肥満度の目安が表示されるほか、食事の記録表や、体重の推移が一目で確認できる
グラフ レポートなど、Excel ならではの中長期的に体調管理できるダイエットに便利な機能が
用意されています。ぜひ、毎日の体調管理に役立ててください。


※ダイエット管理表のグラフが一部表示されないという現象が発生していました。
  現在は解消しています。既にダウンロードいただいた方は、再度ダウンロードいただき
  記録をコピー & ペーストしてご利用ください。ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

テンプレート
ダウンロードExcel
ダウンロードはこちら

使い方ビデオ

テンプレートをダウンロードして
使ってみましょう

Step1

基本情報を入力しましょう

テンプレートを Excel で開き、現在の自分の基礎情報を入力しましょう。[スタート] 画面が表示されます。ダイエットのスタートの日付、身長、現在の体重、最後に目標体重をそれぞれ入れていきましょう。

Step2

肥満度や BMI が、簡単に計算されます

[スタート時の体重] を入力すると、自動的に現在の肥満度、BMI 指数が計算され、肥満度の目安のうち、当てはまっている状態がハイライト表示されます。

Step3

毎日の体重を記録してみましょう

毎日、朝と夜の体重を記録してみましょう。
Excel を使って、中長期的に毎日記録をつけることで、ダイエット意識も高まります。

Step4

成果レポートで体重の変化を見てみましょう

成果レポートで、自分のダイエットの成果を見たり、折れ線グラフで、体重の変化を確認することも簡単です。
Excel は、このようなデータを集計し、わかりやすい表やグラフで視覚的にデータを閲覧することを可能にしてくれます。

テンプレート
ダウンロードExcel
ダウンロードはこちら

さらに使いこなしたい

ダイエット管理 + グラフ ボタン

ダイエットの成果を記録する際は、Excel 2013 で追加された
[グラフ ボタン] を利用すると便利です。グラフの横の [+] ボタンから、
[要素の追加や削除] [スタイルの設定] [フィルター (抽出) ] などを
クリックしてみましょう。
軸のオプション機能を使えば、グラフに表示したい最小値や
最大値の設定が、簡単に行えます。

関連テンプレート

関連サイト

ユーザーズ ボイス

ページのトップへ